練習方法

このサイトの目的

更新日:

「バンドでキーボードを弾いて活躍したい!」

キーボードを始めようと思ったあなた。

鍵盤楽器をやりたいと思わせてくれた憧れのキーボーディスト、好きなバンド曲やアニメの曲、きっとたくさんありますよね。

その一方で

「キーボードって、最初はどんな機種を買えばいいんだろう?」

「操作が難しそう」

「ピアノをやってたんだけど、何を弾けばいいのか分からない」

キーボードを始めることにワクワクしている反面、こんな不安もあるかと思います。

ギターやベース、ドラムのように、ハッキリとどんなフレーズを弾いたら良いのか分かりやすいパートと比べると、キーボードというパートは少し違った役割を担っているとも言えます。

バンドスコアがきちんと用意されてる曲や参考動画があればいいのですが、中には色々な音やフレーズが楽曲の中で鳴っている曲もあります。

すると慣れないうちは

「どの音を弾けばいいんだろう」って迷ってしまったりします。

そう、実はキーボードは色々な音を鳴らせるので「何でも屋」になれるのです。

自分たちのオリジナル曲を創る時にも、様々な音が鳴らせるキーボード次第では楽曲の印象がガラリと変わります。

このサイトを参考に「キーボードの役割や出来ること」を知ってほしいと思います。

管理人の体験

私は幼少時からクラシックピアノを習ってましたが、バンド自体に興味を持ったのは中学生くらいからでした。

バンドでキーボードをやることになった時は

「なんか面白そう!」

そんな軽い感じでしたが・・・

実際には

「楽譜通りにピアノを弾くことしか出来ない」

こんな感じだったんです。

ピアノの曲の楽譜やバンドスコアを買ってきてそれを見ながら一応弾けたのですが、それではキーボーディストっていうよりかは「ピアノ担当」みたいな感じでした。

ピアノ経験者がバンドでキーボードを始めようとする時、実はこのパターンが結構多いです。まさに私自身がそうだったように・・・

それとはまた別で、全くのピアノ未経験者の方、エレクトーン出身の方もそれぞれの悩みを抱えていることでしょう。

でも安心してください、そういった人に何かしら解決方法を伝えたくてこのサイトを作りました。

キーボードとシンセサイザーの違い

「あの〜、キーボードとシンセサイザーの違いってなんですか〜?」

キーボードを始めようとした時、この質問はとっても多いんです。

「本来、キーボードは"鍵盤"っていう意味で、シンセサイザーは"音を創るマシン"と呼ばれてます」

ですが、

この業界ではシンセサイザーもキーボードと呼ばれてるのでちょっと分かりにくいんですね・・・

そんなキーボードに関する疑問から、キーボーディスト視点でのバンドの役割や心構えなど・・・

あなたがキーボーディストとして音楽活動をしていく上で、必ず出てくる悩みなども解決できるよう、色々と書いていきます。

このサイトのゴール

このサイトを訪れてくれたあなたへ

当サイト"キーボーディストの巣"は、キーボード初心者のために作りました。

当然ですが、一人一人バンドや音楽活動でやりたいことや表現なども違ってくるかと思います。

そんな中、共通して目指していきたいことは、

「キーボーディストとして活躍し、バンドの軌道に乗ること」

これが、このサイトのゴールの一つだと思っています。

そのためには、

「キーボーディストとして、自分はバンドで何を成すべきか?」

これをあなたと一緒に考えていきたいと思います。

終わりに

初心者に必要な知識を中心に書いていきますが、バンドに慣れてきた中級者の悩みなども取り上げていきます。

キーボード、もとい「シンセサイザー」という楽器は色々なサウンドを鳴らせます。

それらをきちんと使いこなせれば、あなたはバンドで大活躍です。もはやあなた無しでバンドは成り立たないでしょう。

 

全てのキーボーディスト初心者の方へ、当サイトをバンドや音楽活動に役立てて頂ければ幸いです。

(筆者も分からないことは多く、自分の経験の範囲でしか書けませんのでご了承ください^^;)

-練習方法

Copyright© キーボーディストの巣 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.